無料のアイコンを、自由自在に扱う方法

プレゼンテーションスライドが文字ばかりになって、自分も聞き手もうんざりする。

でも、写真も図解も使えないようなコンテンツ・・・

さて、どうする?

そんなときに便利なのが、アイコンです。

でもこのアイコン、ぴったりのものが入手できない。

できたとしても、色が変えられず、自分のスライドデザインにマッチしない。

そんなお悩みの解消法です。

アイコンのフリー素材を入手する

まずは、アイコンの入手先。

おすすめなのが、「ビューマンピクトグラム2.0」

商用可能な無料ダウンロードサイトです。
アドレス: http://pictogram2.com/

※しかし、もちろんルールがありますので、一読してから使用しましょう!
使用規約: http://pictogram2.com/?page_id=39

必要なアイコンを選択する

まず、自分が使いたいアイコンを選択し、クリック。

iconselect

すると、ダウンロード画面へ移ります。

savePNG

イラストレーターのソフトを持っている人は、ai形式のファイルを選んで加工すれば、
アイコンの色を自由に変化させることができます。

でも、イラストレーターなんて、持っている人は限られていますよね~

普通にスライドをつくるだけ~という人は、
PNG形式でダウンロードしてください。

JPGには背景に白がついていますが、PNGは透明なので、使いやすいのです。

しかし、ここで問題が・・・

JPGだろうが、PNGだろうが、
アイコンの色が変えられないため、
緑色のままという・・・

試しに、「塗りつぶし」で黄色にしてみたら・・・

yellow

違う、そうじゃない~o(`ω´ )o 

これじゃあ、スライドの配色にマッチしないではないか!
あ~、残念だ~~~!!!

なんてことでは、女が廃るので、ここからが腕の見せ所❤

アイコンの色を変えるとこまで、行っちゃいましょう!

アイコンの色を変える

 まず、アイコンをパワポに貼り、クリック。

そして、 左上の「色」を選択。グレー系の色を選ぶ。

glay

グレーは、白や黒と同様、他の色を邪魔しない無彩色。
スライドで主に使用している配色を乱さないので、おすすめです!

さらに素敵に❤

グレーじゃいまいち、物足りない!という欲張りさんには・・・

「色」の選択時に、白を選択して・・・

white

 

スライドのメインで使用している色の図形と重ねる。

iconcolor

 

これで、アイコンが自由自在に活用できるはず!

無料ダウンロードのアイコンは、色が変えられないから、使えない~

なんて言わせない!

ということで、

早速、試してみてね~♪

じゃあ、またね!

❤お知らせ❤
久しぶりに、一般公募のセミナーをやります。
2016年5月28日(土)AM 9:00~12:00@秋葉原
PowerPointスライド作成セミナー

今回は、ちょっとマニアックな技も飛び出します。

是非、ご参加ください♪

投稿者プロフィール

市川 真樹
市川 真樹プレゼン資料コンサルタント
プレゼン資料作成のスペシャリスト。
見栄えを上げる「パワーポイント術」、人や組織を動かす「スライド理論」、魅せる×伝わる「デザインの知識」をベースに、スライド作成代行サービス、企業研修・セミナーを展開中。