Page 2

箇条書① 自動詞と他動詞
残念なプレゼン資料は、なぜ残念なのか? その理由として、 「話し手が、資料を台本にしている」ことが、 真っ先に挙げられます。 大きな会場で開催されるセミナーであれ、 会議室での社内会議であれ、 上司との1対1の報告の場であれ、 文字びっしりの台本資料の朗読会では、 ライブでプレゼンをする意味がない。 それなら、資料を配...
無料のアイコンを、自由自在に扱う方法
プレゼンテーションスライドが文字ばかりになって、自分も聞き手もうんざりする。 でも、写真も図解も使えないようなコンテンツ・・・ さて、どうする? そんなときに便利なのが、アイコンです。 でもこのアイコン、ぴったりのものが入手できない。 できたとしても、色が変えられず、自分のスライドデザインにマッチしない。 そんなお悩み...
bullet
箇条書きの機能を使いたいのだけど、どうも思うように操作ができない。 だから、○やら◇やらを手で打って記号変換して乗り切ろう!という方が、意外に多かったりします。 せっかくの機能です、見た目もよいし、レイアウトを直すときも手間いらず。 ちゃっちゃと理解して、どんどん使いましょうね~!
colorsetting
資料を作成しなければいけない! ということで、上司が作った過去の資料などを引っ張り出して、 ちょっと改定して使っちゃえ!と思ったところ・・・ 配色のカラーパレットの設定がなんだか変だ、青ばっかりしか出てこない・・・ というご経験、一度くらいはあるのではないでしょうか? そんなときの解決方法をご紹介します!
width
パワーポイントで直線を引いたら、ちょっとだけ・・・真っすぐじゃないo(`ω´ )o気づかなかったり、ジリジリ修正している時間がないから、まあ、このままでいいか~というスライドを、たまに見かけます。不思議なことに、ちょっとだけ真っすぐじゃないだけで、とても、だらしなく見えてしまう。豪快に歪んでいたら、それはそれでワイルド...
trimdone
スライドデザインのレイアウトで、「写真を全面に貼る」というものがあります。スライドが一気にプロ級になる、お薦めレイアウトなのですが・・・写真とスライドの縦横の比が、あらかじめ一致しているとは限りません。つまり、こういうことね↓↓↓とはいえ、どうせスライドショーにしちゃえば、余分なところは見えなくなるからいいやってことで...
「図形の書式設定」の時短技3連発
パワーポイントの「図形の書式設定」を使いこなすと、作業がものすごく早くなる!なんてことは、今更、言うまでもないことなのですが・・・「改行」や「フォントサイズ」を駆使して手動で空白を調整し、文字の位置調整に挑み・・・やたらと時間を浪費してしまうって、、、まあ、よくあること(^ω^)というわけで今回は、パワーポイントの時短...