パワーポイントで「ページ番号/全ページ数」を表示する

パワーポイントで「ページ番号/全ページ数」を表示する

研修でパワーポイントの操作方法を紹介すると、受講生がすっきり顔になる瞬間がある。

その1つが、ページ番号の設定、以下の3点セットである。

  1. ページ番号の表示方法
  2. ページ開始番号を0にする方法(表紙をカウントせずに、本文を1ページから開始する)
  3. 「ページ番号/全ページ数」の表示方法

スクリーンに投影するスライドについては、ページ番号は必要ない。しかし、紙に印刷する資料については、質疑応答で参照したいページに相手を速やかに誘導するためにも、ページ番号の表示は必須である。

ページ番号がうまく出てこないから、他のページからコピペするという面倒な作業を、誰しも一度は経験したことがあるだろうし、

上司に「ページ番号/全ページ数」で表示しろといわれたから、手入力で頑張りました!という武勇伝をお持ちの方も少なからずいるであろう。

資料作成を効率化するツールであるはずのパワポが、非効率の元凶になるとき。ページ番号という曲者に苦戦しているケースが、結構ある。

この曲者を退治するために、ページ番号をまるっと一式、説明していこう!

ページ番号の表示方法

ページ番号を表示させるためには、ページ番号を挿入するという操作をしなければならない。手順は、以下の通り。

①挿入⇒②スライド番号⇒③スライド番号に✓を入れる⇒④タイトルスライドに表示しないに✓を入れる⇒⑤すべてに適用

page1

それでも出てこない!という場合は、そもそも「スライドマスター」に、ページ番号が表示されていないことが考えられる。

その場合は、①表示⇒①スライドマスター

page3

スライド右下に 、ページ番号となる <#> が表示されてるか確認してみましょう。

slidemaster0527

もし、<#> がなかったら、スライドマスターの他のページから、コピペしましょう。

ちなみに、ページ番号をもう少し右寄りにしたいという場合も、スライドマスターの <#> の位置で調整するとよい。

その後、上部右端の「マスター表示を閉じる」をクリックして通常の画面に戻れば、ページ番号が表示されているはずである。

表示されていない場合は、左端の一覧からスライドを右クリックして「レイアウトを選択」⇒ページ番号を付加したページを選択すれば、ページ番号が出現する。

slidemaster0528

スライドマスターで設定したものは、上記のように、通常画面の「レイアウト」を選択しなおすという手順を踏まないと、反映されない場合が多い。

このあたりがやっかいなのだが・・・めげずに挑んでいただきたい。。。

ページ開始番号を0にする方法

次に、表紙をカウントせず、本文を1ページからスタートさせたい場合、どうすればよいかについて。

①デザインのタブ⇒②スライドのサイズ(画面右端に位置)⇒③ユーザー設定のスライドサイズ
※PowerPoint2010以前のバージョンは、スライドのサイズがないので、「ページの設定」(画面左端に位置)を選択する。

page2

④スライド開始番号を「1」から「0」に変更⇒⑤OK

startpage

余談であるが、なんでこの操作を、スライド番号挿入の画面に設置していないのだろうかと、いつも思う。システム的な問題なのか、昔からこうだったからなのか・・・パワポの7不思議の1つである。

「ページ番号/全ページ数」の表示方法

これは、資料が全50ページある場合に、1/50、2/10・・・49/50、50/50というような表示をする方法である。

①表示⇒②スライドマスター

page3

③本文で使用するレイアウトを選択⇒④<#>の後ろに、/50と手入力するpage4

その後、上部右端の「マスター表示を閉じる」をクリックして、通常の画面に戻る。

これできちんと表示されているはずであるが、、、

反映されていない場合は、⑤左端の一覧のスライドを右クリックして「レイアウトを選択」⇒⑥ページ番号を加工したスライドを選択する。

layout0527

以上、パワポ作業が非効率化する元凶、ページ番号という曲者について、解説をしました。

よくわからない・・・といっても、所詮はパワポの操作です。知ってしまえば、なんということはありません。

さくっとマスターして、資料の中身を練る時間に集中できますように!

投稿者プロフィール

市川 真樹
市川 真樹プレゼン資料コンサルタント
プレゼン資料作成のスペシャリスト。
見栄えを上げる「パワーポイント術」、人や組織を動かす「スライド理論」、魅せる×伝わる「デザインの知識」をベースに、スライド作成代行サービス、企業研修・セミナーを展開中。