第4話 プレゼンテーションの目的とは?

前回、思考整理隊長から受け取った、「プレゼンの構成博士」の地図。

暑っい中、歩くこと25分。。。

もう、新商品の強みも整理したし、理論的に話せるし、
これ以上、何が必要なのかしら?と半ばぶち切れながら、
ふと足元を見ると、パンダ模様の猫がいる。

 

プレゼンの構成博士

 

愛想もない奴なので、撫でる気にもなれず、そのままスルーしようとすると、

 

まさかのプレゼン構成博士

 

まじで! このパンダが「プレゼンの構成博士」?
ありえない・・・目眩がしてきた。

なぜ、プレゼンテーションをするのか?

とはいえ、資料作成を完成しなければ、バリキャリ・クールビューティーの名折れなので、
今までの経緯を説明し、私はこれからどうすればよいのか聞いてみた。

すると、ちょっとだけ薄目を開けて・・・

 

プレゼンテーションの目的

 

それは・・・プレゼンに成功して、上司や先輩の鼻を明かして、認められたいから。
そして、評価が昇給に繋がれば、クリスマス休暇には・・・
どうしようかな、海外旅行もいいし、
いや、その前に女を磨いて、彼氏でもつくるかな~

いや、こんな私利私欲な妄想を言っても、鼻で笑われる。

そういえば、最近読んだ本に書いてあった・・・え~と、そうそう、

プレゼンの目的とは、相手の理解・共感を促し、
相手を自分が意図する方向に動かすことです!

 

プレゼンの目的不正解

 

あれ?また目をつむっちゃった。でも、尻尾だけ激しく揺れている。
※猫が尻尾を激しくふるときは、不機嫌なときです。

なんか、間違っていたかな~

プレゼンテーションの目的

その後、沈黙が5分間ほど続いた。

博士は、寝てしまったのだろうか・・・何を考えているんだか、全く分からない。
ちょっと、つついてみようかと思案していると、

博士の目に、突然がっと火がついた!

心に火を点けること

 

僕はね、プレゼンテーションって、

相手の心に火をつけることだと思うんだ。

一度心に火が付けば、その人はいてもたってもいられなくなって、

自分でどんどん目標をつくって、
勝手にバリバリ突き進んでいく。

相手をそういう状態にすることが、プレゼンテーションの目的なんじゃないかな~


なるほど、、、「相手の心に火をつける」って、なんだか面白そう❤
パンダのくせに、なんて情熱的な発想なの!

 

しかし、相手の心に火をつけるって、どうやればいいんだろう?


質問を続けようと博士を見ると、箱、いやいや研究室の中で、丸くなっている。
お腹でも減ったのかな?と、新商品の猫缶があったので、あげようと思ったら、

プレゼンの構成博士のわがまま

 

・・・・

腹が立つけど、続きが知りたいから、
近くのコンビニにカリカリを買いに走るのであった。

つづく

投稿者プロフィール

市川 真樹
市川 真樹プレゼン資料コンサルタント
プレゼン資料作成のスペシャリスト。
見栄えを上げる「パワーポイント術」、人や組織を動かす「スライド理論」、魅せる×伝わる「デザインの知識」をベースに、スライド作成代行サービス、企業研修・セミナーを展開中。