ポケモンGOのデザインを考える!

プレゼン資料作成セミナーで、


文字ばかりじゃダメなのは、分かった。

でも、ビジュアル化ができないんだ!


という嘆きに、よく出会います。


あれこれ説明を聞いて「なるほどね~」と頭では分かったつもりでも、

いざ、帰宅してパワーポイントを開くと、


やっぱり、できん ~o(`ω´ )o


となるのが、世の常、人の常。。。


そういう場合は、自分の頭で考えるのをさっさと放棄し、

世の中に溢れている、見やすく、分かりやすい事例を、

真似するところからスタートしましょう♪




というわけで、今日は世界を凌駕している、

ポケモンGOの見える化の手法について、考えていきます。


説明書を読まなくても、みんなが理解してしまう、

ポケモンGOの素晴らしく分かりやすいデザイン。


これを、参考にしない手はないですからね❤


 


もし、こんなポケモンGOだったら?


ついつい、文字だらけの資料を作ってしまう人に質問です。


もしこんな画面だったら、ポケモンGOは、世界を虜にできたでしょうか?


pockemon_moji


確実に、無理!(^ω^)


では、どうするか?



当然、文字の情報を、見える化する必要がある。


pockemon_visualization


当たり前だけど、素晴らしく分かりやすい!


じゃあ、、、なんで分かりやすいのでしょうか?


 


ポケモンGOのデザイン:配色


まずは、色の使い方。


それぞれのモンスターたちは、いろんな色をしているのですが、

モンスターの情報掲載部分は、すべて同一のデザイン。



使われている色は、大体この3色。


pockemon_color


厳密ではないけれど、反対色を使用している。




colorset


「がちゃがちゃと沢山の色を使ってはいけない!」のは、見やすいデザインの鉄則❤


 


ポケモンGOのデザイン:数値の見える化


数値は体感しないと、危機感が湧かない!


自動車の速度計だって、ガソリンの容量計だって、そうだよね~


もし、数字がかちゃかちゃと入れ替わるだけの表記だったら、

スピード違反やガス欠が絶えない、車がしょっちゅう転がっている世の中になるはず。。。


ポケモンGOの画面では、

強さであるCPを半円グラフで、

体力であるHPを棒グラフで表している。




pockemon_figure




こんな風に、数値を見える化してくれるものだから、

CPをもっと増やしたい~という達成欲がくすぐられ、

ポケモンを探しに、奴らが出現する公園へGOしてしまう。


これはもう、仕方がない。人間の性ってものなのだ。。。


ちなみに、HPは満タン。なんだかとっても安心感、でしょ?


数値を体感すると、人は動きたくなってしまうもの❤

プレゼン資料でも、これを応用しない手はないはず!


あとは、数字表記の鉄則、数字は大きく、単位は小さくもお忘れなく。


 


ポケモンGOのデザイン:アイコン


情報の見える化の強い味方、アイコンを使用すると、

なんだかかわいい❤などと、情報に親しみが湧きます。


ポケモンGOが、その手を使わないはずがありません!



ここでは、「編集」「ほしのすな」「アメ」にアイコンが使われています。

pockemon_icon




アイコンのいいところは、分かりやすいだけではなく、

広く使われているものならば、文字情報が割愛できることです。


「編集」のペンマークがそれに当たります。


また、特殊なアイコンでも、最初に説明しておけば、

2度目の使用から、文字情報を割愛できます。


ここでは、「ほしのすな」と「アメ」のアイコンが、そうです。


「強化」のために、ほしのすなが400、アメが1個、

「進化」のために、アメが25個必要なのですが、


ここで、「ほしのすな」や「アメ」と、再度表記していたら、

スペースもとるし、全体的にびっちりした、ダサい画面になってしまいます。



情報をすっきり整理するためにも、アイコンは必須アイテムなわけです。



これも、プレゼン資料作成に、まるっと活用できますね!


 


・・・と、このように、、、

世界中の人々がハマっているポケモンGO!


今日は、一例を紹介しましたが、世界を動かしているデザインから、

プレゼン資料に転用できるヒントを探ってみるのも、

なかなか、楽しいよ~❤


試してみてね!


じゃあ、またね~♪

投稿者プロフィール

市川 真樹
市川 真樹プレゼンテーション・デザイナー
プレゼン資料作成のスペシャリスト。
見栄えを上げる「パワーポイント術」、人や組織を動かす「スライド理論」、魅せる×伝わる「デザインの知識」をベースに、スライド作成代行サービス、企業研修・セミナーを展開中。