プレゼン資料作成のおすすめ本

プレゼン資料作成が苦手なんですけど、

おすすめ本を教えて!


という質問をよく受ける。


ここでいつも「う~む」とじりじりする。


そして「この方は、プレゼンのどの部分が苦手なんだろうか?」と

逆質問大会がスタートする(^ω^)


プレゼン資料作成が苦手な場合、



①そもそも、プレゼンテーションの構造が分からない。

②資料作成の場合でも、見える化の方法が分からない。

③分かりやすく、魅せるデザインが分からない。

④パワーポイントの操作方法が分からない。


などなど、様々なステップで悩みを抱えている。



そして本人が、どのステップで悩んでいるのか、

よく分かっていない場合が多い。


「プレゼンテーション」を作り上げるには、非常に多くのステップがある。


資料作成は、かなり最後のステップに位置しているのだけれど、

その前段階でつまずいていても、

問題が「見える」形で表面化するのが、資料作成の段階。 


そのため、「資料作成が苦手~」という裏には、大きな問題が隠れていたりする。


というわけで今回は、プレゼンのステップを説明し、

各ステップのおすすめ本を紹介していく。


プレゼンテーションのステップ


プレゼンテーションには、以下のようなステップがある。

各段階の詳細な説明はしない(ブログ1記事ごときではできない)が、

資料作成は最後の最後になる。


presenstep


※プレゼンテーションのステップ(資料作成の詳細⦅水色部分》以外)は、グロービスの「ビジネスプレゼンテーション」講義を参考にしている。


そして、資料作成以前の「プレゼンの構造」部分がパーフェクトにできていても、

そのコンテンツを「見える化」するためには、



上記の水色部分「文章のまま」「箇条書き」~「表」について、

「理論」「デザイン」「パワポ技」の知識が必要となる。


プレゼンテーション本を選ぶときは、

自分がどの部分について答えがほしいのか?を明確にする必要がある。


プレゼンの構造のおすすめ本


ここでいう「プレゼンの構造」とは、「目的を明確にする」「聞き手を理解する」「聞き手の導き方を決める」の資料作成以前までを指す。



私の愛読本は、以下の通り。


presenstructure


 


デザイン&パワーポイントのおすすめ本


ここで紹介する本は、多くが「プレゼンの構造」の解説も含んでおり、それを踏まえて、資料作成の方法を紹介している。



この分類は、私の感覚なので全く絶対ではないし、著者の方々に「そんな意図はない」と怒られる可能性が・・・かなりあるので、あくまで個人の意見ということで(^ω^)


presendesingppt


プレゼンを総括的にカバーしているおすすめ本


プレゼンの構造、伝わるデザイン、そして発表方法までを広くカバーしているので、

まずは、このような本で全体をつかむとよいかもしれない。


興味がある部分や苦手な部分は、そこに特化している本(前述で紹介している本)で補っていくのがおすすめ!


presentationbook




このように、プレゼンテーションの範囲は広く、


資料作成と一口にいっても、様々なプロセスに分解できる。


最近流行りの「ソフトバンク流」や「トヨタ流」の資料作成本も、

プレゼンの構造から論じられているので、このカテゴリーに入る。


さらに、今回は触れていないが、「プレゼンを実施する」ステップに

「話し方」や「ジェスチャー」などの本が分類される。


というわけで、、、


まずは、プレゼン実施までのステップを理解して、

自分がどの次元で悩んでいるのかを明確にし、

数あるプレゼン関連本がどこをカバーしているのかを見極めるのが、



プレゼン本を使いこなす秘訣である❤

投稿者プロフィール

市川 真樹
市川 真樹プレゼンテーション・デザイナー
プレゼン資料作成のスペシャリスト。
見栄えを上げる「パワーポイント術」、人や組織を動かす「スライド理論」、魅せる×伝わる「デザインの知識」をベースに、スライド作成代行サービス、企業研修・セミナーを展開中。