箇条書② 直列と並列

前回、箇条書きの方法として、まずは思いつくままに要素を書き出し、

それらを「自動詞と他動詞」のグループに分けて整理することを紹介しました。


今回は、「直列と並列」で箇条書きを整理する方法を考えていきます。

さらに、パワポで「直列と並列」の箇条書きをビジュアル化する方法も紹介します。


「直列」と「並列」を使い分ける



「直列」と「並列」の違い、それは、時間軸の使い方にある。

(『超・箇条書き』 杉野幹人著・ダイヤモンド社)



箇条書きの文章と文章の間に、

時間が流れていれば「直列」のつながり。


箇条書きの文章と文章の間に、

時間が流れていなければ「並列」のつながり。


・・・なんていうと難しいけれど、具体例を見れば、非常にやさしい内容です。


「直列」の具体例


例えば、「臨床心理士になる方法」を箇条書きにすると、

未来へ向かって順序を踏んでいく、「直列」の型になります。

● 一種指定大学院を卒業する

● 臨床心理士受験資格を取得する

● 1次試験(筆記・論述)に合格する

●  2次試験(面接)に合格する

●  カウンセラー(臨床心理士)としてスタートする



同じように、手順やプロセスの箇条書きも、「直列」の例といえます。


プレゼンテーション本で紹介されている「型」も、「直列」の分かりやすい例です。

●  黒猫と三毛猫の仲が悪いため、別室で飼っている(現状)

●  二匹を同じ部屋で飼えるようにする(課題)

●  敏腕ペットトレーナーを雇う(解決策)

●  飼い主の労力が減る、心のゆとりができる(効果)



上記は、過去⇒未来の時間の流れですが、未来⇒過去(現在)という流れもあります。



例えば、企業のビジョン、中期経営計画、単年の目標・戦略、などは、未来から現在へ時間が流れています。


「並列」の具体例


上記のように、時間の流れがある「直列」に対し、時間の流れがないのが「並列」です。

分かりやすいものには、性質や特長、構成要素のリストアップなどがあげられます。



例えば、製品、価格、流通、販促のマーケティング4Pなどは、並列のつながり。

法案や所信表明など「○か条」で表記されているものも、ほとんどが並列となります。


以上、長々書きましたが、「直列」と「並列」について、

大方の人は、感覚的にきちんと整理できています。


しかし、これらをスライドにすると、、、

なぜか、悲劇が起こる。



というわけで、「直列」と「並列」のスライド化について、

考えていきましょう~♪




「直列」スライドの作り方


「直列」の箇条書きは、

時間が流れていることが一目で分かるように、

スライドを作成するのがコツです。


しかし、よくやってしまうのが、

このように時間軸を矢印だけで表現すること。

badbullet


 


このように矢印だらけでは、スライドもごちゃごちゃしてしまう。


矢印で時間の流れを描きたいのなら、一本だけでいいんじゃない?

bulletnotbad


 


もし、もっと頑張る余力があれば、

図形で時間の流れを表現する方法もあります。


bulletgood


この図形は、四角い図形と三角の図形を組み合わせて作っています。

グループ化するだけでもOKですが、

PowerPoint2013から、「図形の結合」というツールが仲間入りしているので、

そちらを使っても、素敵な図形ができます!



やり方はこちら。

http://blog.livedoor.jp/pawapo_presentation/archives/21023163.html


もっと簡単に図形を使って、時間の流れを表現する方法もあります。


図形の挿入「矢印:山形」を使う方法

yamagata


 


シンプルな図形を組み合わせて、かわいく♡


スライド5


 


このように、図形をうまく活用して、

見やすく、分かりやすいスライドを作りましょう♪


さらに、「スマートアート」を使う!という方法もあるのですが、

今回は長くなったので、ここまで~。



次回は、「スマートアート」の使い方、

そして「並列」のスライドの作り方を紹介していきます。


じゃあ、またね~!





参考文献:「超・箇条書き」(杉野幹人著・ダイヤモンド社)

投稿者プロフィール

市川 真樹
市川 真樹プレゼンテーション・デザイナー
プレゼン資料作成のスペシャリスト。
見栄えを上げる「パワーポイント術」、人や組織を動かす「スライド理論」、魅せる×伝わる「デザインの知識」をベースに、スライド作成代行サービス、企業研修・セミナーを展開中。