箇条書① 自動詞と他動詞

残念なプレゼン資料は、なぜ残念なのか?


その理由として、

「話し手が、資料を台本にしている」ことが、

真っ先に挙げられます。


大きな会場で開催されるセミナーであれ、

会議室での社内会議であれ、

上司との1対1の報告の場であれ、


文字びっしりの台本資料の朗読会では、

ライブでプレゼンをする意味がない。

それなら、資料を配付するだけで十分だ!


ここまでは、そうだよね~と、するっと納得できる内容。


しかし、さて、、、


台本資料を克服するために、どうするか?


ここで有効な手段の1つが、


「箇条書き」


そして、「箇条書き」を、

ぱぱっと資料に反映するための

デザイン&パワーポイントの知識。


今日は、私が最近、愛読している良書

「超・箇条書き」(杉野幹人著・ダイヤモンド社)から

箇条書きの理論を拝借し、


そこで提唱されている「箇条書き」を

資料へ落とし込むにはどうしたらよいか?

について、解説していきたいと思います。


※以下、引用部分は全て「超・箇条書き」からです。


グルーピングの切り口


箇条書きといっても、ただ思いつくままに要点をだらだら~と連ねても、

文章を長々書いているのと同様、相手には伝わりません。



箇条書きには、「読み手や聞き手の情報処理の負荷を減らす」という機能がある。



いくら箇条書きにしたからといって、

「読み手や聞き手の情報処理の負荷を減らす」機能がない箇条書きは、

箇条書きとはいえないのです。


というわけで、箇条書きを作成しよう!と思ったら、


まずは、思いつくまま書き出して、

それらを、内容が似たもの同士でくくっていきます。



これを、「グルーピング」というのですが、


しかし、このグルーピングがなかなかの曲者(ーー;)


方法がいくつかあるのですが、

「超・箇条書き」で一番最初に紹介されている、

「自動詞と他動詞」でくくっていく方法で考えてみましょう♪


「自動詞」と「他動詞」で分ける


これは、ある会社の営業会議での報告内容を箇条書きにしたものです。



  • 月間売上目標が未達だ。

  • 既存顧客に対する統一提案書が不在だ。

  • 営業部が、マーケティング部に、提案資料の作成を依頼する。

  • 競合他社の商品は好調に推移している。

  • それ以外のことは、営業部が経営会議に報告して、方針を仰ぐ。


勿論、これでは、理解するのに時間がかかるので・・・


これらを、自動詞と、他動詞でグルーピングします。



自動詞と他動詞で分けるということは、つまり、



自動詞=そのときの状態

他動詞=誰かが何かに影響を与える行為


「状態」と「行為」を分けることになります。


すると、前述の例は、以下のようになります。



自動詞グループ

・月間売上目標が未達である。

・既存顧客に対する統一提案書が不在である。

・競合他社の商品は好調に推移している。


他動詞グループ

・営業部が、マーケティング部に、提案資料の作成を依頼する。

・それ以外のことは、営業部が経営会議に報告して、方針を仰ぐ。


更に、グルーピングされた内容の時制(時間の流れ)を正しく入れ替え、

全体像をより掴みやすくするために、タイトルに数字を入れて整理すると、


3つの問題点が議論された

・月間売上目標が未達である。

・競合他社の商品は好調に推移している。

・既存顧客に対する統一提案書が不在である。


2つの対応が決まった

・営業部が、マーケティング部に、提案資料の作成を依頼する。

・それ以外のことは、営業部が経営会議に報告して、方針を仰ぐ。


最初のだらだら書き出した箇条書きに比べ、

内容がすっと頭に入ってくる!と思いません?ここまでが、箇条書きの理論のお話し。

もっと、きちんと詳しく知りたい方は、「超・箇条書き」を読みましょう~♪


箇条書きをビジュアル化する、パワーポイントの知識


さて、やっとここからが、資料作成のお話しが始まります。



先程の箇条書きを、資料にしなければならなくなったという前提で、

説明を続けていきます。


とりあえず、パワポを開いて・・・

出来上がるのが、こんな感じ。


結構、よく見るスライドちゃん(ーー;)


bullet_before折角、箇条書きの理論に沿って作成した内容を、


一気に台無しにする、そのまんま貼りつけ。。。。


こんな代物では、内容が伝わっても、食欲減退、

文章を書き連ねた、台本スライドと、たいして変わらない。


というわけで、グルーピングの因果関係も明白にして、

これくらいは作りたい!!!





スライド2

このスライドを作成するために必要な知識は以下の通り



デザイン知識

・フォントタイプの選択基準

・配色理論

・図形による装飾(メリハリ)

・文字のジャンプ率



パワポ技

・箇条書きツール

・文字の行間設定

・図形の効果

・図形の結合

・配置


え~、そんなにあるの?


と逃げ腰になる方も多いと思いますが・・・


逆に、これをマスターすれば、

資料作成で使用頻度が高い「箇条書き」を自在に操ることができる!のだから、

大人しく、マスターしたほうがよい❤



でしょ?


ということで、上記の技は、

以降で徐々に紹介していきます!


お楽しみに~♪♪♪


参考文献:「超・箇条書き」(杉野幹人著・ダイヤモンド社)

投稿者プロフィール

市川 真樹
市川 真樹プレゼンテーション・デザイナー
プレゼン資料作成のスペシャリスト。
見栄えを上げる「パワーポイント術」、人や組織を動かす「スライド理論」、魅せる×伝わる「デザインの知識」をベースに、スライド作成代行サービス、企業研修・セミナーを展開中。